XAMPPの設定と確認

こんなに簡単にインストールできていいの?って思いませんか?
PHPやApacheを別々にインストールした経験のある方はびっくりだと思います。

では、まずセキュリティの設定をしておきましょう。

C:\Program Files\xampp\htdocsに.htaccessを置いて、外部からアクセスできないようにします。

Order deny,allow
Deny from All
Allow from localhost 127.0.0.1

と3行、メモ帳かwordpadかなんかに書いて、.htaccessという名前で保存します。
変な名前ですけど、これ以外にしてはだめです。
5.gif

これでとりあえず動かしてみましょう。

http://localhost/xampp/index.php
にブラウザからアクセスします。
すると、↓のような画面が出るのでもちろん「日本語」をクリックします。
6.gif

ようこそ、の画面が表示されましたね。
ここで、左のメニューから「phpinfo()」をクリックします。
これは、C:\Program Files\xampp\htdocs\xampp\phpinfo.phpを実行するメニューです。
よくPHPの本で

<?php
  phpinfo();
?>

って書いてみましょう、とありますよね。あれです。

7.gif

この画面がでたらとりあえずインストールは正常だということが分かります。
8.gif

ここまでできたら次は、やっぱり「hello world」です(笑)
この記事へのコメント
できませんでした。。。。。
Posted by ながた at 2009年02月02日 18:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。